電気の自家消費実現をお手伝い
「蓄電池」のある生活
始めませんか?

太陽エネルギーは「創って蓄える時代へ」

蓄電池とは、名のとおり電気を蓄える機能をもった装置です。
災害時などの緊急用電源としてはもちろん、節電や省エネに関する意識の高まりから注目を集めています。

太陽光発電と蓄電池の組み合わせは相性良好!

蓄電池があれば、太陽光発電で賄えない時間帯の電気をカバーすることができます。
特に小さなお子様やお年寄り、病気を抱えた方がいらっしゃるご家庭などでは、電気は重要なライフライン。
蓄電池は、もしもの場合にしっかりと備えることができます。

蓄電池は、ライフスタイルや電力状況に合わせて3つの運転モードを切り替えることができます。

あなたなら「どの生活」をセレクトしますか?

エコ重視

エコ重視

「電気の自給自足」で
環境を考えた暮らしを目指すあなたへ

節約重視

節約重視

将来のために少しでも収入を増やしたい、
貯めたいあなたへ

安心感重視

安心感重視

突然の停電や、いざという時に備えて
おきたいあなたへ

エコ重視
節約重視
安心感重視

エコ生活したい、環境重視派の方には・・・

自家消費優先モード

環境を重視したエコロジー設定の運転モードです。
太陽光発電で創った電力の余剰分は蓄電池に充電することを優先。夜のピーク時に活用します。
できるだけ電気の自給自足をしたいというエコ志向の方へ。

エコ生活

節約したい、経済面重視の方には・・・

売電優先モード

経済性を重視したエコノミー設定の運転モードです。割安な深夜電力を充電して日中使用し、太陽光により発電した電力の余剰分は売電することを優先。電気代を抑えます。

エコ生活

※ご契約の電気料金プランや太陽光発電の売電単価によっては、エコ重視モードのほうが経済メリットが高くなる場合があります。
※ご契約の電気料金メニューや運転モード設定によっては、深夜の使用電力が上昇することで基本料金が上がることがあります。

停電に備えたい、安心感重視の方には・・・

安心モード(停電対策)

ためた電気が“いざ”というときに大活躍! たいせつな人の生活を守ります

2011年の東日本大震災では、東京電力管内でも1日3時間ほどの計画停電が行われました。こういったケースでも、蓄電池があれば普段に近い生活を送ることができます。停電時でも、できるだけ長く電気を使えるよう、スマートにコントロールします。
また蓄電池には、突然の停電に備えるため、設定した蓄電量を残す機能が備わっています。設定した量の電気を常に蓄えておくことで、もしもの時の電力の供給を可能にします。
太陽光発電システムと併用している場合は、発電しながら余剰分を蓄電するためより長く電力を使用でき安心です。

当社で取り扱っている4kWh蓄電池の場合(各機器単独使用の場合)
蓄電池が満充電の場合に、下記の時間機器を使用できます。

冷蔵庫

冷蔵庫 (101w)
約129時間

液晶テレビ

液晶テレビ40型(71w)
約89時間

スマホ

スマホ充電(7w)
約511時間

ライト

シーリングライト(87w)
約35時間

※停電時にもシステムから機器に自動的に電気を供給するためには、特別な配線が必要です。
※動作時間は各機器のカタログ記載値に基づいて計算したものであり、動作を保証するものではありません。

エコ重視
節約重視
安心感重視

まずはお気軽にお問い合わせ・資料請求

お問い合わせ
お電話でのお問い合わせはこちらから

お客様相談室

通話料無料 0120-39-3290

受付時間:8:30 - 17:30
土日祝も受け付けております。
※ご用件を承るのみとなる場合がございます。